トップページ中国企業と連携したオフショアサービス>システム開発の委託先として活用
日本のソフトハウス品質をオフショア企業として実現,日中の両拠点が一体となってサービスを提供

システム開発の委託先としての活用

システム開発を中国開発拠点に委託することで、低コスト、高品質な開発を実現

実はこんな時に弊社のオフショア開発サービスがお役に立ちます

自社内にシステム開発部門があるお客様でも、開発案件によっては社内に必要なスキルを持ったエンジニアが不在であったり、あるいは膨大な作業ボリュームで人手が必要となり、外部委託や新たな人材採用をご検討される場合があるかと思います。

今までは、国内のソフトハウスに開発を委託したり、技術者の新たな採用や派遣を利用することで対応されて来られたかと思います。

そんなときに是非活用のご検討をいただきたいのが、弊社が提供するオフショア開発サービスです。


なぜなら「技術者1人分の給与で1人分以上の仕事」を合言葉にサービスを展開しているからです。

弊社のオフショア開発では、顧客窓口にはプロジェクトマネジメントの経験豊富な人材を、現地には10年以上のキャリアを持つ技術者達にリードされた開発陣、日本側が求める品質を追求する日本人技術者という体制で開発を行います。

この体制により、お客様は自社で技術者を採用して管理指導する手間をかけずに、そして新たに技術者を採用するよりも低コストで開発を進めることが出来ます。お客様はまさに「技術者1人分の給与で1人分以上の仕事」を行える体制を手に入れることになります。


オフショア開発らしくない開発

オフショア開発といえば、文化の違いによって発生する開発現地とのコミュニケーションエラーを心配する声をよく聞きます。

これに対して弊社は、上記でご説明した体制の通り、現地にて品質担当の日本人が現地現場主義にて開発物の品質チェックを行い、10年以上の開発経験を持つ技術者リーダー達の技術提案&対応力で開発を進めて行きます。

力及ばず問題が発生したとなれば、プロジェクトマネジメントの経験豊富な顧客窓口担当が問題の解決に当たる体制となっています。

これによりお客様にとっては、まるで日本国内のソフトハウスに開発を委託しているかのような感じでオフショア開発を活用することができます。


オフショア活用事例